白菊

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

Top ▲

岡崎城・戦国無双の刀剣展 【前編】

2015/06/03


もう2か月近く前の話ですが、愛知県岡崎市の岡崎城で開催された「戦国無双の刀剣展」に行ってまいりました。

東岡崎駅から岡崎城までは桜並木沿いの道を歩いて行くのですが、その日は4月8日で桜は見頃が終わってかなり花びらが散ってしまった頃でしたが、遠巻きから見るぶんにはまだまだ桜並木を堪能できました。
沢山の花びらが落ちてピンクに染まった合間から、黄色の菜の花が咲く光景も綺麗でした。

okzk001.jpg
岡崎城の内堀にもまだ桜が咲いてました


okzk002.jpg
岡崎城(左)と龍城神社(右)



以下、展示内容と岡崎城周辺の写真は追記からになります。
画像多めです。






okzk009.jpg
刀剣展案内板の真田兄弟。


まずは岡崎城から入場しました。
刀剣展は岡崎城と、隣接の三河武士のやかた家康館の二か所開催。
岡崎城の常設展示を見つつ階を上がると、途中ほぼワンフロアで無双の刀剣展を展示していました。


okzk003.jpg
清正の槍
戦国時代の実際の片鎌槍を参考にしつつ、(ゲームの片鎌槍に合わせて?)少し大きめに制作したようです。
見比べてみると、無双の片鎌槍は「槍」より「鎌」の方の印象が強いですね。


okzk004.jpg
蘭丸の大太刀
その長い刀身のために、通常一人で行う焼き入れ作業を五人がかりでやらなければいけなかったようです。
説明書きに具体名は記されていませんでしたが、名古屋市の熱田神宮に奉納されている大太刀(真柄太刀/太郎太刀)のことかな?と思われるエピソードが書かれていました。


okzk005.jpg
利家はゲームモデルの刀剣ではなく、実際の兼元の刀が展示されてました。


okzk006.jpg
刀剣以外のキャラクターパネルも全員展示されていました。
同行した友達と、「官兵衛殿ってこんなアクティブなポーズしてた…?」と困惑
(他のキャラも公式サイトの立ち絵とポーズ違いなので、もしかして書下ろしCGだったのかな?)


展示を見つつ、最上階の天守閣へ。
岡崎の街を一望できる見晴らし。あいにくの曇りで少々天気は良くなかったのですが、少し残った桜で景色は良かったです。
okzk007.jpg
ぼんやり写る黒いもやは転落防止の網
okzk007-2.jpg
タイミング良く電車が通っていきました。


okzk008.jpg
天守閣内にある家康公と本多忠勝の顔出しパネル。
使わない時のためにちゃんと取り外しできる顔を設置して二人を顔無し状態にさせない配慮がすごい…
(顔出しせずにこのまま撮影している方が何人もいました)



岡崎城を出て、次は城の裏手にある、三河武士のやかた家康館に向かいます。

okzk010.jpg
裏手から見る岡崎城。
この堀の生い茂ってる感と苔むしてる感がすごく好みだと興奮してまくしたて撮影する私と、それに付き合ってくれる友達(すまんかった)


お城の裏手にある岡崎公園内には家康公など数体の銅像石像があります。

okzk011.jpg
滝風の噴水(?)内の騎馬武者像


okzk012.jpg
家康公


okzk015.jpg
本多さん


okzk016.jpg
三方ヶ原の例のアレ


公園内にある時計台はからくり時計で、30分ごとに家康人形が舞を踊る仕組み。

okzk013.jpg
フィーバー状態の家康公


okzk014.jpg
踊っている間に老けた家康公

これ人形が変わるのではなく、着物の襟が開いてそこから老人の面が出てくる仕組み。
終わりは再び面が収納されるのですが、その度に「おお~~~」と謎の感嘆の声を上げる聴衆たち
踊っている間は屋根のあたりのライトが光ったりするのでちょっとUFOっぽくもある。



長いので一端切ります。
後半「三河武士のやかた家康館」編は後日アップします。


web拍手 by FC2

Top ▲

Copyright (c) 白菊 All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。